銀行・証券会社の「もれなくプレゼント」はおトクです

マネックス証券の投資一任口座開設キャンペーンにエントリーし、200円の入金がありました。また、楽天銀行の10万以上の仕組預金預け入れキャンペーンで、100円ゲットしました。

銀行・証券会社の現金プレゼントキャンペーンにはぜひ応募しましょう。リスクはありません。ただ、キャンペーン開始前に口座を開設してしまうともらい損ねたり、月が変わるとプレゼント内容が劣化したりするので、タイミングの見極めが必要です。

銀行によっては、現金代わりに使えるポイントを応募者に山分けするキャンペーンを実施しています。わずか十数ポイントとはいえ、積み重なると大きな額です。短時間で効率よく、見逃さずにキャンペーンをチェックするスキルと時間の確保が節約の第一歩です。

「マネーフォワード」を試す

最近、サービス開始の2013年時点から注目していた「マネーフォワード」にようやく登録し、ほぼ8割、登録した時点で登録口座の上限に達してしまったので、試しにプレミアム会員に登録してみました。

本来は、持ち分2分の1の自宅を「持ち分100%」として登録せざるを得なかったので、かなりの資産持ちになっています。→本来の数字はこちらで公開中。

資産20180503
現金資産20180503

優待よりiDeCo/つみたてNISAをオススメします

日本独自の株主優待には否定的ですが、現在、もっとも効果的な投資の入り口としての役割と消費者による企業の下支えの側面を考えると、優待銘柄が人気を集めるのは、やむを得ないかもしれません。

■開設済の証券口座

  1. 岡三オンライン証券
  2. 楽天証券
  3. マネックス証券



関連記事

ideco

オトクすぎ! iDeCo(1) 節税効果は絶大

Smart-i 先進国リートインデックス

もらったポイントで投資信託を試す

堅実倹約ライフの結果→貯金1000万超→マンションの頭金で消える

newspaper

新聞代はクレジットカード払いはやめたほうがいい

楽天市場2018.06時点バナー

楽天ポイントのオトクな使い方(基本テク)

ideco

オトクすぎ! iDeCo(2) 掛け金は2万円がおすすめ