iDeCoの掛金を増額、年末まとめ払いに変更

ideco

個人型確定拠出年金()は、職業などの条件によって最大拠出金額が変わり、企業型個人型確定拠出年金制度のない企業に勤務する一般的な会社員の場合、拠出限度額(上限)は月2万3000円、最低は月5000円です。

2018年1月から年単位での拠出が可能になりましたが、必要書類をプリントアウトして加入金融機関に送付する必要があり、一度は不備で戻ってきてしまいました。いったん諦めたものの、思い直して再度送付し、拠出額の変更・月単位の細かい拠出金額の設定が完了しました。

年払いではなく、実態は月ごと個別設定払い

年単位拠出は、制度上、12月の納付は必須という制約があります。つまり年に一度のまとめ払いにしたい場合、「冬のボーナス一括」しか選択肢がありません。

手数料負担を考えると、年に1回にするべきですが、加入したりそな銀行のiDeCoは当初2年間、運営管理機関手数料が無料なので細かく月ごとに拠出金額を変え、12月ではなく、11月にまとめて支払うようにしました。

まずは1枚目の書類に必要事項を記入し、当初5000円だった毎月の拠出金額を2万円に変更。さらに2枚目の書類に、当年を含む2年度分の各月の拠出金額を月ごとに記載します。

アテにできない賞与払いを避けて11月に……

 

設定した拠出金額は、加入初年の今年と来年では異なります。

今年度(2018年)は、11月:8万円、12月:2万円、その他の月:1万円です。現在、株高局面が続いており、年に一度、運用商品に一気に拠出するのはリスクが高いと判断しました。

次年度(2019年)は、11月:8万円、4〜6月:0円、その他の月:2万円です。12月に12か月分まとめ払いにすると、賞与がすべてiDeCoの掛金でなくなってしまうので、今年度同様、あえて一か月、早めています。

ideco 掛金設定詳細

加入3年目となる2020年は、手数料無料キャンペーンが延長されなかったら、11月・12月の年2回払いに設定するつもりです。その場合、再度、指定の書類を送付して変更を申請する必要があります。

ちなみに、「2019年4〜6月:0円」に設定した理由は、自動車税(約3万4000円)、自動車保険、がん保険、医療保険、個人年金の年払い、半年に一度の通勤定期(約16万円)の支払いが重なるためです。※うっかり年払いの支払い時期が重なってしまったのですが、支払うクレジットカードの一部を変更すれば、締め日の関係で集中しません。メインのカードは締め日が早いのです。

また、毎月の拠出額を上限の2万3000円ではなく、2万円に設定した理由は、当初、2万3000円で同様に割り振ろうとしたところ、計算を間違え、「年間の合計額が一致しない」という理由で書類不備になったからでした。もちろん、上限の2万3000円で各月に割り振ったほうが節税効果は最大化できます。

iDeCo加入による節税メリットを得るために、ドルコスト平均法のメリットを享受しつつ、なるべく手持ちの現金を多くしておきたいい。そのための「月1or2万円払い/11月残り枠まとめ払い」です。正解かどうかわかりませんが、参考にしてください。

 

アクセスいただき、ありがとうございます

湘南在住の@sf_miです。Twitterでも、税制やポイント、スマホに売れ行きなどに関する情報をつぶやいてします。ぜひフォローしてください。

■楽天ヘビーユーザーがおすすめします

関連記事

iDeCoの加入初月の運用結果 攻めの選択がマイナスに

ideco

オトクすぎ! iDeCo(2) 掛け金は2万円がおすすめ

ideco

オトクすぎ! iDeCo(1) 節税効果は絶大