楽天ポイントのオトクな使い方(基本テク)

楽天市場2018.06時点バナー

基本はネットでためてリアルで使う、です。

オススメは、楽天Payで支払い可能な「109シネマズ」のオンラインチケットの購入費用に当てること。ポイントなので、正規の金額でも見る気が起きます。もう、混雑する「映画の日」や「レディースデー」、時間帯の遅い「レイトショー」を待つ必要はありません。

生活必需品・ストック食材の購入もおすすめ

お米や飲料など、リアル店舗で購入すると持ち運びが大変なものも余ったポイントの消費先として有効です。いっとき、白米・玄米のお試しセットを次々と試していました。コストパフォーマンス重視なら、最初からまとめ買いしたほうがさらにオトクです。

次回は、2014年から最近までハマっていた、もっとディープなキャンペーン活用法、買い回りのテクニックをまとめる予定です。

 

コシヒカリとしては妥当な価格でしょう。なくなったら買ってみたいです

優待よりiDeCo/つみたてNISAをオススメします

日本独自の株主優待には否定的ですが、現在、もっとも効果的な投資の入り口としての役割と消費者による企業の下支えの側面を考えると、優待銘柄が人気を集めるのは、やむを得ないかもしれません。

■開設済の証券口座

  1. 岡三オンライン証券
  2. 楽天証券
  3. マネックス証券



関連記事

point

Amazonギフト券チャージは損なしだが、節約マインドは忘れずに

point

キャッシュレス社会始まる

newspaper

新聞代はクレジットカード払いはやめたほうがいい

Smart-i 先進国リートインデックス

もらったポイントで投資信託を試す

銀行・証券会社の「もれなくプレゼント」はおトクです

堅実倹約ライフの結果→貯金1000万超→マンションの頭金で消える